【AI時代】読書とはディープラーニングである

1 :曾根崎警察署 ★:2019/03/21(木) 15:57:52.21 ID:sRpwjZGN9.net
◆AIを進歩させたように読書が人間を成長させる

近い将来、AIが社会の主役に躍り出る時代がやってくる。
私が創業したドリームインキュベータは、AIとIoT(モノのインターネット)を得意分野としている。

これは苦肉の策から生まれた。
既存の生活分野ではマッキンゼー・アンド・カンパニーやボストン・コンサルティング・グループという戦略系コンサルティングファームのほうが経験の蓄積に勝り、私の会社のような新参者はなかなか太刀打ちできない。
しかし、AIとIoTのようなこれからの世界では、われわれも業界の巨人たちとイーブンであり、決して負けていないからである。

AIは、当初の想像を遥かに超えた長足の進化を見せている。
原動力になっているのは、ディープラーニングという技術だ。

読書もディープラーニングであり、AIを進歩させたように、読書が人間を成長させる糧になると私は信じている。

トラディショナルな読書と、最先端のイノベーションであるディープラーニングが、どう結びつくのか?
読者の頭には、クエスチョンマークが飛びまわっているかもしれない。

順を追って説明しよう。

まずは、AIをめぐる現状を振り返ってみよう。
囲碁やチェス、将棋といったボードゲーム(盤上ゲーム)の世界では、すでにAIが世界のトッププロたちを打ち負かしている。
なかでも、囲碁でAIが人間を上回った事実は、多くの人に衝撃を与えた。
囲碁の盤面は19×19=361の着点がある。

そこに打つ手数は、この宇宙に存在する原子の数よりも多いとされる。
いくらAIでも、そこから最適な手を瞬時に導き出すのは、時間的に難しいと考えられていた。

2016年、世界のトップ棋士を破ったのは、アメリカのIT大手グーグル傘下の企業が開発した『アルファ碁』だった。
その後、アルファ碁の進化版である『アルファ碁ゼロ』が登場する。
続いて現れた中国のIT大手テンセントが開発した囲碁AI『絶芸』も、人間を寄せつけない性能を誇っている。

このようにAIは、日進月歩というステレオタイプの形容が当てはまらないくらい猛烈なスピードで進化し続けている。
AIの活躍の場は、囲碁やチェスといったボードゲームの世界に限られるわけではない。
ボードゲームは、AIにとってまさにお遊びにすぎないのだ。

◆早々とAIに取って変わられる仕事も少なくない

この先2045年から50年には、汎用タイプのAI(AGI)が人間の知能を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)を迎えると予測されている。
シンギュラリティを迎える前に、早々とAIに取って変わられる仕事も少なくない。

それはコンピュータの登場と自動化によって、タイピストや電話交換手といった仕事が世の中から消え去ったのとまったく同じだ。
古代ギリシャの歴史家、トゥキュディデスが語ったように「歴史は繰り返される」のである。
AI時代に真っ先に淘汰されるのはタクシーやバス、トラックなどのドライバーである可能性が高い。

AIを活用した自動運転技術がもっと進んだら、少なくとも高速道路では運転手のいない長距離バスやトラックが走る時代になる。
信号もなく決まった軌道上を走っている地下鉄や電車、あるいは新幹線の運転手たちも自動運転技術で淘汰される日がやってくる。

私は子どもの頃、上野動物園の「おサル電車」を見てびっくりした思い出がある。
なぜ猿が電車を運転できるのかと不思議に思い、オヤジに「いい加減にしろ!」と怒られるまで1時間以上、飽きもせずに眺めていた。
何のことはない、猿は先頭にちょこんと乗っているだけで自動運転していたのだ(猿が実際に操作した時代もあったそうだ)。
おサル電車は、AI時代の自動車や電車を先取りしていた存在なのかもしれない。

専門職の代表格とされている公認会計士や弁護士といった仕事ですら、そう遠くない将来、AIに取って代わられる蓋然性が高い。
会計は厳格にルールが決まっているし、弁護士も基本的には過去の判例に基づいて弁護活動を行っている。
囲碁や将棋などと同じように過去のデータが豊富で、ルール化されているものほど、AIとの相性が良いため、代替されやすい。

◆人間本来の学習法をもっともっと突き詰める

(中略)

なぜなら、読書はAIが得意とするディープラーニングそのものだからだ。

AIと共存するためには、私たちが人間本来の学習法をもっともっと突き詰めるべきであり、そのために欠かせないのが読書なのである。

ダイヤモンド・オンライン 堀紘一 2019.3.21
https://diamond.jp/articles/amp/197005?display=b

147 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 22:54:39.11 ID:OwL/VDiw0.net

>>146
弁護士がAIに仕事を奪われるのは競った結果だろ
そこに競争が発生しないとはどういうことだ?
人間の弁護士が一人も失業することなく共存できるとでも?

41 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 16:28:49.37 ID:ufebCQSp0.net

>>18
どっちやねんな!!

110 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 19:41:55.67 ID:oRN+HXqt0.net

人の文明とは、暴論を言ってしまえば
【みんなでシェアする文字情報の積み重ね】だよね

◯この共有された文字情報を学校で詰め込んで
◯会社では働くための文字情報を新入社員に詰め込んでる

◯人間は【文字情報のディープラーニング】といえば確かにそうかもしれない

ディープラーニングではどうやって情報詰め込んでるの?なんの情報を共有してるのかね?
プログラミングなんか一切したことないから、仕組みがわからない

結局あれも文字化や記号化して情報つめこんでるのかな?

74 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 17:49:59.41 ID:lcXCELDs0.net

女も良いけど男も良いよと言ってるような気持ち悪さが

89 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 18:38:12.76 ID:Q0Mk8g2b0.net

ジャマイカのボブスレーやないか

56 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 17:01:21.56 ID:nlESCRX60.net

人間は二つの認知を交互に行っている
ディープラーニングと名前をつけて人工知能に使おう
将棋と囲碁が強くなった
ディープラーニングを人間にもやらせよう ← いまここ

97 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 19:05:33.49 ID:8AkdZhAbO.net

アイアムラーニングでも来たら信じてやるよ

67 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 17:19:36.10 ID:u1lA1DNT0.net

スイッチおしたら
AIが映画の吹き替えのように朗読してくれるなら

読書も楽しい

90 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 18:39:43.56 ID:yxM45nTU0.net

>>1
うまく例えようとして失敗する人いるよね。

163 :名無しさん@1周年:2019/03/22(金) 18:06:26.17 ID:sQcic9wV0.net

後何年かするとAIができるタスクが限定されていることに気づいて、AIに失望するようになる

146 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 22:49:05.89 ID:TBA0jByh0.net

>>145
だから機械と人間が競う必要はない
だが人間同士が競う必要はある
機械をいかに上手に使うかという競争があるから

137 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 22:11:22.51 ID:pXRP8CXn0.net

難しい本をひたすら読み続けるのは
教師なし学習と一緒だからDLっぽい
大学以上で数学やったひとにはわかると思う

91 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 18:45:00.56 ID:BB9S6vqF0.net

勝手に読者してろよ。

25 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 16:11:29.25 ID:YhQtwb8z0.net

おさるとお風呂に入りたい

77 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 17:56:55.38 ID:nLxliutJ0.net

とりあえず、高校で数学挫折した奴は例外なく「AI」から離れろ

108 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 19:37:10.20 ID:oRN+HXqt0.net

ちょっとわくわくする

AIが見つけだしてくれるであろう
文字に基づかない情報蓄積と文明手段

今の人類では思いもよらない世界観を切り開いてくれるかもしれない 

数学などの図形感覚でも、文字化してないもんね
絶対に何かあるんだよ、でも文字化してないものはわからないし説明できない、技術やノウハウとして蓄積もされない

ワクワクする

119 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 20:25:02.20 ID:j3s/Fknx0.net

ウリは本はなにげにそんな読んでるわけでもないんで
そのせいかもしれないけど>>1が何を言ってるのかさっぱりわからん。
いや、反論があるとか納得できないとかそういう次元ですらなくて
何を言っているのかそのものが分からない。ウリもまだ修行が足りないね。

たまにさ、現代美術とかの図録やパンフ読むとそういうことって起きるんだよな。
はて、いったい何の話をしているのだろうかこれって。

>>89
それはクールランニングやないかいwww
こういうネタはよくわかるwww

47 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 16:40:31.54 ID:UWjXSK9x0.net

5ちゃんこそ違う意味でディープラーニング

96 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 19:04:31.25 ID:foZPzffQ0.net

またコイツか
ついこの前頓珍漢な読書論でフルボッコになっただろw

32 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 16:20:03.28 ID:VmkYauf80.net

どこの毛唐の迷文かと思ったら一時TVでよく見かけたあの昭和オッサンか

85 :辻レス :2019/03/21(木) 18:29:54.45 ID:U8CSidjw0.net

>>1

そもそも「ディープラーニング」ってなんぞや?

読書というのは、
基本的に「料理の本」の様なものが多いのでは?

しかし、AIというのは学習に占める部分が多いのでは?
つまり、「データや経験の積み重ね」

それに対して、人間は失敗から学ぶ部分が多い
・・・ような気がする

この「失敗」も経験の一部ではあるわけだが、
失敗と経験とは微妙に異なるだろう
成功よりも失敗の方が、後の人生で役に立つ

また、例えばチンチロリンをやって半が10回続いた時、
「10回も続いたのだから次こそは丁だ」と判断するか
「10回も続いたのだから次も半だ」と判断するか
AIと人間とで、考え方が異なるとも思う

読書は人間を成長させる、というよりも
読書は人生を豊かにさせる、ものであると私は信じている。

などと、適当にこの社長にケンカを売ってみる

116 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 20:02:21.68 ID:ENpFuoaE0.net

一度ある試験受けるときに録音して
毎日必死に聞いて勉強したけど落ちたよ
それより
過去問十年分やったら一発で二つほど合格した

154 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 23:36:29.40 ID:OwL/VDiw0.net

>>153
オレは納得がしたくてレスを返しているんだよ。オレが間違っているなら素直に認めるつもりはあるが
実際に失業者が出る問題で「競合しているけど競争はしてない」なんて禅問答のようなレスを返されてもな

噛み合わないレスを延々と続けるのが目的ではないので残念だがここまでだな

102 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 19:16:51.81 ID:GH71+tUQ0.net

>>24
むしろ裁判官と医者(の診断)が一番AI向きなんだよ
これを導入できた国が伸びる
日本は一番最後だろう

129 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 21:18:37.24 ID:72xGD7oV0.net

そうなのか。
読書すらAI に取って代わられるという事実は衝撃だ・・・

125 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 20:31:15.75 ID:IrceLeRa0.net

ディープラーニングが読書みたいなもんだから逆だと思う

122 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 20:29:44.25 ID:UPHpUnPz0.net

なんつーか何もわかってないジジイって感じ
全然違うだろうが?

14 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 16:03:37.25 ID:2StId6B10.net

ボブスレーとはクールランニングである

38 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 16:26:53.45 ID:GegYcaR00.net

ガンガンいこうぜ

151 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 23:16:32.72 ID:tq/OnNKk0.net

なんでもいいけど
ディープラーニングと言われて本読みたくなるか?

23 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 16:11:09.57 ID:I358dp290.net

自動運転なんて無理よw

145 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 22:46:12.55 ID:OwL/VDiw0.net

>>144
マラソンや囲碁などの競技ならAIと競う必要はないが、
効率重視の仕事ならそんな理屈は成立しない

159 :名無しさん@1周年:2019/03/22(金) 04:32:23.89 ID:aiM2//wz0.net

>>142
いや本読んで頭良くなったと勘違いしないだけ賢い方だろ

81 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 18:04:37.43 ID:lcXCELDs0.net

モーゲンソーの国際政治、キッシンジャーの外交、フリードマンの百年予測
デモクラシーの理想と現実、全体主義の起源、危機の二十年
この辺りが正統で、生半可な知識人は異端のちゃぶ台返しみたいな議論を

83 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 18:20:15.53 ID:XT2UAjY80.net

>>13
そうだけど人間はもっと失敗する

AIの失敗はデータ不足や人為的なミスだからね

155 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 23:42:16.11 ID:TBA0jByh0.net

>>154
オレが納得させようとしてレスしてないから無理だろうな

真の意味で競争が起こるのなら弁護士と検察辺りじゃないかね
お互い機械を使い合って、切磋琢磨していくうちに人間が不要になるレベルになると

ただ、争点に必要なデータを集めたりするのはやはり人間なのよなあ
求められて使いっ走りとかは誰でも出来るんだろうけど
勝てるデータを集めるのは相当先まで行かないと人間の力が必要な気がするが
それが弁護士と呼べるのか新しい職業になるのかはわからん

148 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 23:08:29.23 ID:TBA0jByh0.net

>>147
まず弁護士が機械を利用する時代があるだろう
そのうち被告人や係争中の人間が直接利用するケースが増えるかもしれない
裁判に機械を利用しても良いかの制度が策定されるだろう
ここまでに機械と弁護士との競争が入り込む余地は無いと思う
利用するかしないかはコストと制度の問題だけであって
一度でも利用できる機械として確立してしまったら競争できる余地は無いだろうし

7 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 16:01:26.42 ID:Vnst7Yqz0.net

よっしゃ!
女体の神秘をディープラーニングや!

117 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 20:05:46.84 ID:JNfJztiE0.net


等比級数のグラフ

スレタイには同意。でも人間はシンギュラリティ迎えるまえに死ぬことが多いのに、機械はそうじゃない
将来ai用に州や省ひとつふたつつぶすはめになりそうねw

29 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 16:15:20.30 ID:bhtLrJSH0.net

Aiが賢くなるのはものすごいペースで試行錯誤していけるところであって
そこにたどり着くまでの数限りない失敗を許される分野かどうかが分かれ目だな

112 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 19:48:36.14 ID:rl8b1cK00.net

スピードラーニングとどっちが偉いんです?

126 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 20:51:19.93 ID:oRN+HXqt0.net

独断と偏見だが

読書にもとづかない知識やノウハウ

つまり、【文字情報化され蓄積できていない知識や技術】

◯美術
◯音楽
◯図形

ここらの、人がノウハウを蓄積し後生に伝授できていない部分

一代限りの職人芸の部分は
文字化して情報蓄積せずに、別の手段で情報蓄積できるAIは強くなるんだろうな

82 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 18:16:09.60 ID:wL0DLke/0.net

ξ´・ω・`ξ こんな事をリアルで喚かれたら、「ディープラーニングをする前の基本設定は?
分かりやすく言うと”固定する情報の取捨選択基準と局面、そして目的”について聞いている。
で、そんな基本設定は外部…宗教団体や投資グループがするのか、内部…自分自身がするのか、どっち?
(以下大幅に省略)」な話をして突き放すわ。人間性を疑うどころの話じゃナイっ。

115 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 19:53:23.17 ID:oRN+HXqt0.net

本は基本、有料で売るために作られてるから

単にこうだよね?
【本=質のいいインプット情報効率のいい文字情報】

ネットがインプット効率がよくなればそっちにうつるだろうが
しばらくは本がインプット効率は一番高いんだろう

アウトプット効率はネットのほうが高いよね
情報発信はネットのが楽だわ

45 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 16:31:22.76 ID:OJ9EtwWm0.net

ナルトの影分身してから修行するのがディープラーニング
読書は所詮読書

10人がそれぞれ違う本読んでそれぞれが書いた読書感想文を読めばそれっぽくはなるけど10冊読んだ知識は得られないし人には無理な概念

113 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 19:49:15.07 ID:H5y38ruG0.net

本を読む時は題名、目次、見出しから内容を想像しながら斜め読み。
想定外の所だけ熟読、その部分のキーワードから他の本に繋げていく。
だから読むたびに理解する内容が違って来る、思索のためのアイテム。

69 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 17:31:13.61 ID:lcXCELDs0.net

道に聴き道に説くは徳これを捨つるなり
異端を修むるは害あるのみ
朽木は彫るべからず

93 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 18:52:52.57 ID:wL0DLke/0.net

>>88
ξ´・ω・`ξ 『「チンポが萎える対象の絶対基準」も常に意識して、
最適解(射精するタイミング)を見出す』という作業を、乱一世らで
こなしてきた世代が強いジャンルだわねぇ。

2 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 15:58:28.22 ID:+PU4J+yj0.net

Kindleでチープラーニング

72 :名無しさん@1周年:2019/03/21(木) 17:41:33.53 ID:iMZkY8CD0.net

訳すと 深い学び だからよい読書方法と共通するな
とこんな小学生理解で売文出来ちゃいます

もっとディープラーニングしたらどうだ

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

この記事を読んだ方へのおすすめ

最近のコメント

コメントはまだありません
ページTOPへ↑