【奈良】邪馬台国の有力候補地「纒向遺跡」の桃の種、かじられた跡なし 「桃が供え物として使われたことを裏付ける重要な成果だ」★3

1 :樽悶 ★:2019/06/08(土) 19:50:30.68 ID:jDFVyjSj9.net

邪馬台国の有力な候補地とされる桜井市の纒向遺跡で見つかった大量の桃の種に、動物にかじられた跡がまったくないことがわかりました。

専門家は、祭祀(さいし)で供えられたあと、すぐに穴に埋められたためだとみていて、桃が供え物として使われたことを裏付ける重要な成果だとしています。

桜井市の纒向遺跡は、3世紀から4世紀にかけての大規模な集落跡で、女王、卑弥呼が治めた邪馬台国の有力な候補地のひとつです。

9年前には卑弥呼の宮殿との説もある3世紀前半の大型建物跡のそばに掘られた穴の跡から、2700個以上の桃の種が見つかりました。

桃は古代の中国で神聖な果物とされ、種の一部に果肉が残っていたことや祭祀用の土器なども出土したことから、祭祀で供えられた桃ではないかと注目されていました。

その桃の種を桜井市教育委員会がさらに調べたところ、すべての桃の種に動物にかじられた跡がまったくないことがわかりました。

遺跡などで見つかる桃の種の多くは、ネズミなどの動物にかじられ穴が開いているということで、古代の祭祀に詳しい同志社大学の辰巳和弘元教授は、「祭祀で供えられたあと、すぐに穴に埋められたため、動物にかじられなかったのだろう。桃が供え物として使われたことを裏付ける重要な成果だ」と話しています。

06月05日 18時46分
https://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/20190605/2050002390.html

★1:2019/06/06(木) 19:49:22.21
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1559914022/

466 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 12:26:11.01 ID:F5iDawUg0.net

>>458
諏訪大社には鉄鐸というプロトタイプ銅鐸なものがあるけど
国譲り神話で力比べに負けた出雲側の建御名方が逃げたのがその諏訪大社なんだとな。

大和を制圧した後発の神武天皇は大物主の子孫と結婚して出雲系の大物主を大神神社に祀った。

記紀の記述が事実と驚くほど裏付けられてないか?

神社東征の畿内制圧で銅鐸文化圏が消えた説は有力だけど
出雲地方だけじゃなく大和も九州勢力が乗りこむまでは出雲の勢力圏にだったのか?

568 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 15:14:22.42 ID:/RJk7Wa60.net

>>1
巻向は記紀に出てくるから、ヤマト政権の都市だからね。
邪馬台国は書かれてないから別物。

257 :名無しさん@1周年:2019/06/08(土) 23:10:22.42 ID:0odMluke0.net

>>245
現在確認できる文献では、日本三代実録(巻十一)に「貞観7年9月22日に河内国正六位の石切劔箭神社従五位下を授く」との記述がみられ、
延喜式神名帳にも「石切劔箭命神社二座」とみられる。
宮山の地にあった祭祀の場は、いつの頃か現上之社の場所に遷され、さらに明治38年には現在の本社本殿に合祀された。
その後も、上之社のあった土地は、奥の院として信仰を集め、いよいよ再興の気運が高まり、昭和7年に解体保存されていた本社の旧本殿を上之社に移し、昭和47年に往古の姿を取り戻した。

明治維新の際に色々細工されたようだな

382 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 08:44:37.87 ID:4F7Ah+O+0.net

多分、
神武東征、「倭皇」への国書、天孫降臨
この三つは記紀の三大捏造。

297 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 00:40:44.15 ID:aisPzywa0.net

注意しないといけないのは、
畿内に邪馬台国があったとしても、神武東征以前のヤマト土着勢力(いわゆる邪馬台国)は
まだ覇権国家じゃないんだよ
大和が覇権国家になるのは、九州出身の神武が大和に入り込んで、大和がこれを奉戴した後の話

だから、邪馬台国が大和朝廷のような大国だと思い込むと、規模の差を間違う
邪馬台国(畿内)は、背後の尾張と美濃の穀倉地帯を擁するものの、兵隊はとことん弱かったのだ

200 :名無しさん@1周年:2019/06/08(土) 22:10:00.56 ID:A60rHdNR0.net

>>172
西暦200年代の日本の総人口が59万人と推計されてる。
公平に見て九州じゃ無理じゃね?

邪馬台国だけで7万戸、投馬国で5万戸、奴国で2万戸
他の国の9千戸と合わせて14万9千戸

1戸5.5人平均として約8万2千人

鬼頭宏の計算だと、当時の北九州には4万人くらいしか住んでなかったし

541 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 14:53:18.81 ID:F5iDawUg0.net

大和朝廷自身がその成立に邪馬台国が関与していたことを知ってるかつ、
大和朝廷は記紀編纂時は日中は対等な関係という立場上、
かつて中国の臣下になった卑弥呼は認めなられないで邪馬台国のことを一切消した説あるよね。

これって外国からあんたらヤマタイの後継だろ?と言われたら言い訳しようがないから消したのか、
大和朝廷は連合政権で主導権争いで天皇家が勝った、それ以外は触れる必要なし、程度なのか?

450 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 11:52:35.20 ID:asarSOOA0.net

>>403
それはいやいや行ったんだと思う。
政府にだまされて
つまり金持ってる王族が亡命しようとするときに後進国に亡命しようとするかってことだと思う。

898 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 21:38:11.94 ID:y5SOTP1k0.net

縄文時代:日本の巨大遺跡=三内丸山       朝鮮=無

弥生時代:日本の巨大遺跡=吉野ヶ里・纏向遺跡 朝鮮=無

シナからの重要文物・金印 日本=2個       朝鮮=無

227 :名無しさん@1周年:2019/06/08(土) 22:42:36.59 ID:boiQoNgL0.net

>>228
その通り
明確に中国は小国なら併合できるわけがないだろって疑ってるんだよな
だから倭を改称した日本はつまり邪馬台国なわけだ

262 :名無しさん@1周年:2019/06/08(土) 23:17:57.09 ID:0odMluke0.net

魏志倭人伝
邪馬台国の官

官は伊支馬有り。次は弥馬升と曰う。次は弥馬獲支と曰う。次は奴佳鞮。

伊支馬は生駒。生馬。火の神。
弥馬升は三見宿禰、出雲大臣の子。
弥馬獲支はミミ鷲、日鷲。
奴佳鞮は中臣。
邪馬台国の官は、大和朝廷の官と瓜二つ。

出雲地方には生馬神が祀られているんだな。
生馬神社境内には「牛荒神の大木」と呼ばれる木があり木に藁が巻き付けられている。

出雲風土記かな、生馬神の子は、もう荒ぶらないと言ったとか。
ヤマトの地名と出雲の集落名、共通点が多い。

425 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 11:01:16.75 ID:BaXXxWhL0.net

巻向はムラではなく大市と言われることからも元は交流拠点だな

これが意味するのは、弥生文化がすでに各地の交流なしには成り立たない都市構造だったこと
特に奈良は内陸の開拓湿地帯なので農業生産を集約化して各地の物産と交換する施設の必要性があった
小邑の農産物を持ち込み交換する文化は近江伊勢遺跡あたりからも伺い知れるしね
村長がそこに行って交易の相談をするのが市であり出雲の集う神の元になっていると思う

巻向は場所的にも大和川の源流である初瀬川を押さえて東海方面からの物資を運ぶ街道に関を設けるのにも最適な場所だしね

77 :名無しさん@1周年:2019/06/08(土) 20:27:09.39 ID:5jmHUDZn0.net

>>68
ふむふむ、梅原氏のは未読なので読んで見るわ
梅雨の読書が捗りそうだ。サンキュ

306 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 01:43:58.78 ID:zemz1ClU0.net

>>291
>三世紀の日本が関西以西が統一された国で税や令や整ったまともな国だと困るんだよな。

ネトウヨまさかの隠謀論!
纏向遺跡で九州と繋がりが深い出土品がまだほとんど出ていないし
関西以西が統一されているって言うのは厳しいんだよなー

247 :名無しさん@1周年:2019/06/08(土) 22:57:06.95 ID:RD9790EJ0.net

>>243
どうしてそう思うんだよw
遣隋使の回数が中国と日本とでは違のは知っているよな。
たぶん倭国が派遣したのが失われた第一回目で、その時は誠実で中国を立てていたが
なぜか二回目以降、尊大で自慢ばっかする不誠実な人間に変わった。
中国側としてもこいつら本当に倭人かよと疑うだろ。

てかまともな人間ならそういう違和感を持つほど日本人(大和王朝?)の連中は
夜郎自大だったってことだ。

117 :名無しさん@1周年:2019/06/08(土) 20:50:20.90 ID:6QPT4Eck0.net

>>114
『味は悪くても、毒がなければ食う』って事もあり得るからな。植物は結構毒のあるのが多いし。

42 :名無しさん@1周年:2019/06/08(土) 20:12:21.05 ID:gI2lJUtW0.net

>>前スレ997
壹岐から末盧國までは方角指定はないのよ? まあ沖津宮や中津宮はなくても神湊にたどり着いた
可能性はなきにしもあらず。

305 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 01:41:16.47 ID:1WcAT9Fw0.net

>>245
近くの小学校は孔舎衙(くさか)小学校
孔舎衛は読み間違いが元で書き間違いした。
【衙】は漢文は中国語口語体で役所を表す「衙門がもん」の「が」で
隋唐時代の中古漢語、広東語でngaンガと発音し厦門(アモイ)語と日本語で「ガ」と読む。
北京官話ではyaヤーと発音する。
モンゴル語は詳しくないが支那がモンゴル人に支配された時代に漢字の頭子音の
ngが徐々に発音できなくなった。朝鮮発音記号いわゆるハングルでも
頭子音のngをを表す記号を作ったが誰も発音できなかったので
頭子音の無い母音始まりの発音を表す記号となっている。
ちなみに孔舎衛は小泉構造改革の旗振り役を務めた「塩爺」こと
塩川 正十郎(しおかわ まさじゅうろう)の選挙区であった。

同じような例で有名なのは兵庫県明石市の国道2号線と175号線が交わる
「和坂」交差点 国土交通省の地名表示はローマ字でWASAKA。
実は「和」という漢字は中国語でも
ホーhe2 ホーhe4 フオhuo2 フオhuo4 フーhu2と5つの発音が有る多音字で
専門用語で「破音字ポーインツー」と呼ばれる。
趙恵文王、嘗得楚和氏璧。
趙の恵文王、嘗て楚の和氏の璧を得たり。
秦昭王、請以十五城易之。
秦の昭王、十五城を以つて之に易(か≒交換)へんことを請ふ。
※漢文の「城」は砦、要塞ではなく城壁で囲まれた都市である
欲不与畏秦強、
与へざらんと欲すれば、秦の強きを畏れ
欲与恐見欺。
与へんと欲すれば、欺かるるを恐る。
藺相如曰
藺相如(りんしゃうじょ) 曰はく
願奉璧往。
願はくは、璧を奉じて往かん。
城不入則臣請、完璧而帰。
城入らずんば、則ち臣請ふ璧を完(まっと)うして帰らん。
【和氏璧】はクヮシノヘキと読む
【和坂】もクヮニガサカと読むのが正しいのだが
国家公務員試験に合格しても国土交通省の役人は
高校の漢文の教科書にしばしば取り上げられるこの故事成語を読んだことが無いらしいw

949 :名無しさん@1周年:2019/06/10(月) 00:17:41.94 ID:EtbsgbEx0.net

江戸時代までずっと、河川敷の水田は『免税』が多かった事を想起しましょう
低地の水田で、水路や堤防が作れなければ、その水田は洪水のリスクにさらされます

低地の水田は豊かですが、洪水のリスクに備えて食糧を備蓄しないといけません
数年に一度は、洪水で全てが流されるからです
ゆえに江戸時代の大名たちも、河川敷の水田からは年貢を取れませんでした
取ったら百姓が逃散するからです

さて古墳時代・・・
江戸時代より桁違いに低い生産性、しかも土木技術無し
この状況で低地の水田から租庸調が得られたか・・・・無理だと思いますよ

522 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 14:21:01.36 ID:05kLaNUv0.net

あったという確証もない架空の集落に偉いご執心だなwww
まあ、ジャップってそれがなくなったら何にもないからな

387 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 08:57:57.59 ID:iwgCiV930.net

フランク王国のカール大帝の宮廷が常に移動していたという話を思い出したw

836 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 20:24:26.03 ID:NXm+Emj50.net

記録的な雨が降れば水没する場所で
米置けば全滅するのが纏向

763 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 19:18:33.66 ID:ogh6x/950.net

>>761
纒向「最近桃埋めんのマジ流行ってるらしいよ?ウチらもやんね?インタ上げよ」

みたいな感じ?

90 :名無しさん@1周年:2019/06/08(土) 20:36:02.14 ID:/znN/NIN0.net

苦くて固いなら、なおさら種までかじったりしないわw

623 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 17:10:49.95 ID:ARI9wt4k0.net

張角の娘または孫娘という設定にしたら面白いのに、太平道の生き残りとして

611 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 16:43:11.38 ID:Ezz6LMaw0.net

>>603
そうだよな、桃の種のかじられの有無が王都の有無を決定だよな!

584 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 15:29:38.75 ID:4zfWK5wE0.net

弥生式円墳、方形周溝墓、古いタイプの
纒向型前方後円墳、銅鐸、内向花紋鏡、方格規矩鏡、初期の鉄刀などは、
地域によって多い少ないはあるが
九州から関東まで、支配とは関係なく
広く伝搬しているように見える。

そういう広く緩やかな自然交易関係の中で、4世紀頃に出てきた三角縁神獣鏡と定形式前方後円墳の文化。
これはそれ以前の全国に広まった文化とは
少し異色ではあるが、5世紀後半には
九州にも広まっており、同じように
全国に溶け込んでいくのであろう。

834 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 20:17:17.36 ID:zj1yEM3t0.net

>>831
否定しててもいいんだけどさ
じゃあどこなのよ?って話なのよ。
新唐書にあるように東征する前は筑紫城にいたとあるから九州だろうけど
九州が筑紫島と呼ばれてたわけだから、行程から福岡ではないわけよ。
福岡の南側、むしろ東征の起点となった宮崎とか、熊本とか鹿児島に巨大遺跡が出てくれば
畿内説なんてひっくり返るわけよ。
だから遺跡に興味があるの。

931 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 23:16:05.03 ID:jqXo7y020.net

纏向は4世紀以降だから卑弥呼の時代には存在しないよ。
だから近畿には銅鐸人遺跡しかないんだよ。

632 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 17:23:25.14 ID:5t2E00Rf0.net

作物と人口が力の時代だから九州は無理でしょ

578 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 15:24:32.53 ID:GcWEx1Ga0.net

魏志倭人伝を読んでいて思うのは、魏の木っ端役人どもが倭を訪れたころには

出雲が築いた大国があったはずなのに、倭人伝の中に出雲を思わせる地名も役人名も

登場しない事なんだよ。 ちなみに出雲の範囲は、出雲〜畿内〜関東甲信越な。

192 :名無しさん@1周年:2019/06/08(土) 21:59:36.54 ID:6QPT4Eck0.net

>>183
征夷大将軍は東北の討伐だと思ったが。

191 :名無しさん@1周年:2019/06/08(土) 21:59:30.58 ID:0odMluke0.net

仁徳天皇
大雀命
オオ【サザ】キのミコト
鳥の王様はミソ【サザ】イ

日本書紀によれば、応神が生まれて喜んだのは、神産巣日の子スクナヒコナとある
スクナヒコナは鳥の服を着ていたという日本書紀の記述もあるな

神産巣日、サザキで思い出すのは、
布都主、武甕槌の件で、櫛八玉神が料理をする話

この、私のつくる【火】は、大空高く【神産巣霊】(かみむすひ)の御祖尊の、命の富み栄える【新しい宮居】の煤の長く垂れ下がるように【焼き上げ】、
地の下は底岩に堅く焼き固まらせて、
緒の長い綱を延ばして釣りをする海人の釣り上げた大きな鱸(【すず】き)をさらさらと引き寄せあげて、
割り竹でたわむほど打って捕らえた、立派な魚料理を献上します

575 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 15:22:03.50 ID:ExJCyEha0.net

奈良は邪馬台国の国造りのノウハウを受け継いではいるが、当地ではない、遺跡がそれを顕著に表してる。
奈良の遺跡からは魏や九州との交流の跡がないし、年代が4世紀以降のものばかり。

しかしながら、宗教による洗脳や武や国の防衛の必要性と大国との交流など国つくりに必要なノウハウは受け継いでいると思う。

414 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 10:26:49.41 ID:4F7Ah+O+0.net

>>347
宇佐はトヨな。

362 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 07:49:46.28 ID:Ezz6LMaw0.net

神功皇后(応神を懐妊中)の夫が神の怒りで急死
神のお告げはボヤボヤせんと今すぐ新羅を侵略せえや
という意味不明で過激なもの
早速新羅に大軍を送り朝鮮半島を荒らし回った

さてさて、ここまで神功が(というか神という名の本当の権力者)が朝鮮侵略を急いだ理由は何か
夫は急死ではなく暗殺だろう
つまり本当の権力者が、朝鮮人あるいはその家族で、何が何でも新羅を攻めないと自分の一族郎党が危険である
という緊急状況の以外には考えられない

この時期皇室も朝鮮勢力の影響が濃く、時には言いなりなのである
この新羅侵攻は4世紀の中盤から後半と思われる
まさに奈良に朝鮮人高級邸宅が現れる時期である

716 ::2019/06/09(日) 18:48:35.65 ID:xiEWBATS0.net

>>706
ハイヌウェレ型神話は記のオホゲツ姫や紀のウケモチ神の形な気がする。
アマテラスの織女にしてもモモソ姫にしても、「その結果、食糧(豊穣)もたらされた」
という記述がない。

202 :名無しさん@1周年:2019/06/08(土) 22:13:35.73 ID:zDRUdZSH0.net

「あーあ、蛆湧いちゃったね」
「食えないね」
「捨てよ」

651 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 17:46:55.10 ID:zyHFNHzx0.net

九州説って学問を全否定してるけど、通説になることを自ら否定してるんだよな
月刊ムーの中で生き延びればいいという意思表示なんかな

571 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 15:17:09.23 ID:d3AIZrXF0.net

万葉集の以下の歌は興味深い
真十鏡 可照月乎 白妙乃 雲香隠流 天津霧

照るはずの月を、
白い雲が隠しているのでしょうか。【倭国大乱】
それとも天の霧が隠しているのでしょうか。【壬申の乱】

を表しているのかもしれない

258 :名無しさん@1周年:2019/06/08(土) 23:10:54.57 ID:0XsZ9P6K0.net

>>248
同じ順(経路)辿ってるからだよ 魏志だとそこが伊都や奴国あたりってこと
それが後に筑紫になって永らく王が居住してた筑紫城があったところ

657 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 17:56:21.53 ID:/gT6Bmfy0.net

>>653あのさあタイムラグが有るのは前提でしょその地を治めて外的排除して安定して今の首都より大きな成果あげれるようになってから
だんだんと移り住んで行くのだよ

532 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 14:31:53.30 ID:ddcOm/i40.net

>>521
桃で酒を作ったとするだろ?
当然桃の種は酒にならないから捨てるよな?
そうするとやっぱり動物にかじられるよな?

39 :名無しさん@1周年:2019/06/08(土) 20:11:54.68 ID:3pyFGwbe0.net

>>31
まあ神代は完全に創作で半島から来た一族が政権握って
ただ書紀編纂で九州から来たことにしてるだけって可能性もあるけどな

767 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 19:26:40.85 ID:p3kBUfgh0.net

>>732
吉備圧倒的だな
マキムクしょっぼwwwww

321 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 05:33:39.85 ID:O3nZqd9o0.net

>>297
畿内は否定証明完了済み。

 

259 :名無しさん@1周年:2019/06/08(土) 23:14:11.87 ID:V/GYtHD80.net

>>258
裴世清も筑紫から難波まで2ヶ月だから
倭人伝と同じだよね

446 :名無しさん@1周年:2019/06/09(日) 11:48:30.93 ID:asarSOOA0.net

>>388
中国の真似をしたと思うよ
都の作り方とか

966 :名無しさん@1周年:2019/06/10(月) 03:54:55.01 ID:S+awG7tf0.net

>>962
この絵が解説通りだとするととんでもない発見だがな
高松塚古墳どころの話じゃねぇわ

98 :名無しさん@1周年:2019/06/08(土) 20:39:37.44 ID:gI2lJUtW0.net

>>95
あー、それ(桃そ姫)はあるかもしれない

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

この記事を読んだ方へのおすすめ

最近のコメント

コメントはまだありません
ページTOPへ↑