餓死の日本兵「気の毒」=戦闘参加の95歳元インド兵−インパール作戦

1 :幻の右 ★:2019/06/22(土) 22:28:15.78 ID:GAQv/YQG9.net
 【インパール時事】インパール作戦での日本軍の撤退から75年が経過し、当時を知る地元住民は少なくなった。

 英領インド兵として攻防戦に参加したニングラム・タングクルさん(95)は「ただ怖くて夢中で銃を撃った。日本兵の多くは餓死したと聞き、とても気の毒に思っている」と語り、平和の大切さを強調した。

 タングクルさんはインパール地方でも「かなり田舎」の村出身。当時は地元を離れる手段が少なく、「軍に入れば新しい世界に行けると無邪気な気持ち」で1943年にライフル部隊に志願した。

 翌44年にインパール作戦が始まると、森に掘った塹壕(ざんごう)から日本兵と銃撃戦を展開した。「銃弾が飛び交う中、死にたくなくて銃を撃ち続けた。銃撃音も何も覚えていない」
 幸い、自分の周囲では戦死者は出なかったが「英国と日本、外から来た人たち同士の戦い」に巻き込まれたと感じている。「今は軍に入らなくてもどこへでも行ける時代。もう戦いはたくさんだ」と言葉を絞り出した。 

時事通信社 6/22(土) 21:30
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-00000096-jij-asia

79 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 15:17:26.84 ID:LhyxDYKx0.net

味方が何千人死んでも、多数が餓死でも、一部で味方の人肉食の風潮が出てもお咎めなし
下っ端は殴られ、捕虜になるぐらいなら死ねと教育されるし
民間人も爆撃を避けて疎開とかはよくないといわれ、本土決戦に備えて竹やり訓練とかさせるし
食い物足りてないのに、なぜか若い女性は大量輸送して、あちこちに旧日本軍専用の慰安施設が。
ほんとすごい時代だよ

62 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 00:37:47.78 ID:U41WI7jr0.net

>>46
> >>38
> 「原子力利用について着実に取り込む」
> 2009年民主党のマニフェスト。
>
> 菅政権は2010年6月に閣議決定した「新成長戦略」で原発輸出拡大を「国家
> 戦略プロジェクト」と位置づけ諸外国と交渉を進めてきた。
> 民主党の責任は、無視ですか?

なに言ってるんだこのバカw
福一の全電源喪失の責任は自民と東電なのは覆しようがない事実なんだが
その話で民主が出てくるとか、お前ネトサポとしても能力低すぎw

102 :名無しさん@1周年:2019/06/24(月) 22:19:31.68 ID:wNY4v8Ol0.net

>>7
しかも会社って共産主義的だよな

11 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 22:41:09.31 ID:bs/aJjLi0.net

餓死はキツいな長い時間苦しむし

27 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 23:03:49.33 ID:hpM2Hlxk0.net

>>12
共産党が外部電源の危険性を指摘したのに
「問題ない」としてそのままの態勢を強行して県一個を壊滅させた
安倍とかぶるよな。

補給の困難さいくらでも指摘されてたのに強行した牟田口と

34 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 23:10:31.52 ID:hpM2Hlxk0.net

>>30
安倍自民がリスク指摘されてた時に対応してりゃ
事故も起きなかったんだよ。

外部電源そのものの危険性をずばり言ってたんだから

10 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 22:39:33.66 ID:6XbiPBb70.net

日本会議政権が続けばいずれ同じことが起こるよ

59 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 00:34:26.92 ID:U41WI7jr0.net

>>40
関ヶ原の負け組の子孫だけど
人を見ればチョン、という人ほどチョンなんだよねえw

78 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 15:05:11.29 ID:FAMzZLyz0.net

>>72
それは有効な戦術
クラウゼウィッツもそれを否定していないんだぞ

49 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 23:37:55.49 ID:AStAv9Or0.net

〉日本会議政権が続けばいずれ同じことが起こるよ

国会前に群れたがる年寄りと見た 

61 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 00:37:00.32 ID:fkvtuOmJO.net

>>35
誰でもそれは言うんじゃね?
ヤバいです日本終わります
みたいな方がいいわけじゃないだろ

3 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 22:29:59.82 ID:Wp9njvK00.net

やらせた奴がサイテーヤローだったんじゃなかったっけ

74 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 14:04:34.00 ID:X6VCXFt70.net

>>5
モチベーションアップ株式会社のポスターとかまさに現代の牟田口

60 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 00:36:28.65 ID:8gN690wI0.net

なんでムリめな進軍するかね、石油探してたのか

87 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 23:55:14.96 ID:JfA59wknO.net

>>1
マトモな作戦じゃなかったからな

28 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 23:04:34.97 ID:6bB755Mm0.net

なんで餓死したの?
可哀想すぎる(;ω;)

99 :名無しさん@1周年:2019/06/24(月) 19:08:46.29 ID:QS4HyEX00.net

 
朝日日経NHKの飼い犬共!
8月15日にはいつものように
洗脳工作を実施アル!
 ∧∧
/ 支\
( `ハ´)   ∧_∧  はっ!必ず最後に日本兵の悲惨な姿を写して
(  ))) )  .(@∀@;)  戦争の脅しにすぐに屈するよう印象操作します!
| | |  (( l|lll|lll| (⌒,) いつものように日本軍は黒く着色し、暗い時代の様に
(__)_) と(   とノレ   絵をつくり不気味な音楽を流します!お任せ下さい!

96 :名無しさん@1周年:2019/06/24(月) 16:33:25.75 ID:YzojEYcB0.net

日本軍の支援で独立してれば、悲惨な人口交換はなかった

19 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 22:50:12.15 ID:uyLIEpZO0.net

インパール作戦は2年遅かった。

65 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 01:18:01.71 ID:rsnvetk/0.net

>>60
ビルマの石油はイナンジョン(エナンジャンなど表記ゆれ大きい)に有ったが、中国戦線で鳴らした乱暴な部隊で狼藉が多く、
その後の民心安定に時間がかかり資源化が大きくずれ込んだという説もある。
もちろん英軍の破壊工作の影響が大きかった。

50 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 23:40:10.50 ID:MqF/urTB0.net

インパール作戦ってそもそも作戦って呼んでいいのか?アレが作戦か?

42 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 23:19:22.80 ID:tlNxpPl00.net

>>34
そしたら共産党が間違いだな
共産党が質問したのは鳩山の時だ
安倍に質問したのは鈴木克昌でしょ
しかも浜岡原発についてで、それが元で1号機2号機止めてるし

31 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 23:08:58.92 ID:NnUBCN5s0.net

ある元日本兵は、同じ部隊で戦い、戦死した高砂族を慰霊するため、
この碑に赴き、そこで昼飯にと差し出されたおにぎりを見て、
いきなり涙を流し、慟哭をはじめたそうです。
「俺はこの握り飯を彼の前で食うことはできない。」と。

彼の部隊は東南アジアで作戦中、食料不足で飢えに苦しみました。
そこで足腰が強く、ジャングルに強い高砂族の兵士が、
遙か後方の基地まで食料を取りに行ったそうです。
しかし何日待っても帰ってこない。様子を見に行ったら、
彼は部隊まであと少しというところで、両手一杯の米を抱えて餓死していた。
米を持ちながらの餓死。
信じられるでしょうか。
餓死するほどの限界に達しながらも、多くの日本兵が心待ちにしている食料には
一切手をつけなかったのです。

慟哭した元日本兵は、そんな彼の霊前で握り飯を食うことができなかったのです。

75 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 14:46:21.07 ID:rsnvetk/0.net

>>71
>日本側のインド国民軍の方が、捕虜収容所から強引にインド人を集めたらしい

どこでこんな変な話を聞いてくるんだよ。
インド国民軍は日本軍の捕虜となったインド兵からの志願者で構成された。
志願しなかったものは一部は看守となり、英軍に忠誠を誓うグルカの多くは収容所に残り、
その他は解放された。シンガポールにはインド人社会もありその構成員になったので
強引とかは有えなかった。

インパール作戦では彼らの部隊も参加したのだが、東条の肝いりでも有ったので、
前線の戦闘には参加させられず、兵站を担う事も無かった。
進撃の邪魔であり、兵站の負担であり、撤退の荷物となり語られること自体が各方面に都合の悪い事象となった。
さらには進撃してくる英印軍に吸収され宣伝の具にもなった。
と、まあビルマでのインド国民軍は散々なものである。ビルマではインド人が嫌われ者であり
日本軍がインド兵を利用することがビルマ人の反感を買い、反乱の芽を大きくする作用も有ったはずだ。

しかし、終戦後日本シンパの元インド国民軍がマレー地区などに大量に存在したことは日本人捕虜の扱いに大きく影響し
英軍の報復行為を抑えたり、日本軍将兵の帰還が早くなったりした事実に寄与したと考えられる。

69 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 01:37:01.27 ID:NEMdk4y+0.net

日本は平均的には知的であるがずば抜けて頭の良い人がいない。
日本軍の指揮官のほとんどはボンクラだったと思う。
下級兵士は哀れ。

68 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 01:27:35.36 ID:t8+RoA2j0.net

>>64
>脅されていたはずやぞ

はずやぞってw
おまえも妄想してるやんw

9 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 22:39:19.48 ID:TcXJInQX0.net

【北朝鮮】 「1割の世帯で飢餓」衝撃の報告に金正恩政権は右往左往
https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20190616-00130237/

85 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 19:04:50.11 ID:5d7ppOz60.net

安倍のインパール政治

77 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 14:54:51.95 ID:y6ur7S6D0.net

>>72
孫子の言やね。
いまだにそこら中に、しかも洋の東西を問わないで孫子って大人気らしいな。

80 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 15:19:51.93 ID:PTUXOBxl0.net

>>78
機動できない土地でやったのがダメだな

40 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 23:18:17.06 ID:3CGlgqMC0.net

>>38
在日はこれだから

91 :名無しさん@1周年:2019/06/24(月) 07:55:37.80 ID:LExENCvK0.net

司令官が無能な働き者の典型例が牟田口だな

2 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 22:29:14.92 ID:ljNE7mXK0.net

ステレッペッペッペ

81 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 15:22:38.20 ID:jWxxlclb0.net

>>6
タングクルさんが気の毒に思っているのは、命令で銃剣を持たされ戦場に送られて兵站補給もされずに餓死してしまった、悪意のない日本兵
ネトウヨは悪意の塊、日本人の恥、人類の敵

41 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 23:18:34.36 ID:avEvNjRX0.net

>>35
その楽観論よりもっと楽観論を捲し立てて関東全体が危機と言った菅を馬鹿扱いしてたのがお前ら自民党サポーターズじゃねえかww

66 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 01:22:59.66 ID:0g+31FV00.net

>>24
結局ね努力した平民上がりのエリート層で拗らせた奴ほど酷いものはない。自己の今までの努力を全て否定されると思い、徹底的な自己保身に走るからな

23 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 22:55:01.83 ID:JZeTs07q0.net

>>17
ホント、そこだなんだよなー
今村均さんみたいなホントに善良な司令官もいたけど、たいがいはゴミだし

ウヨサヨの色眼鏡を外して、観察すると、どーしてこうなったレベル級はすごい多い

軽く例をあげると対米開戦直前の軍務局は、日米の生産量の比較資料を出して
到底、アメリカに勝とうなんて無理っすといってるのに、今の年金2000万円問題と同じで、
んなもん出すんじゃねぇ的な勢いで上層部はガン無視w

今もお偉いさんのアホさ加減が絶賛、継続中で不安でございます

30 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 23:08:51.02 ID:tlNxpPl00.net

>>27
安倍?
菅の間違いだろ
いくらなんでも記憶力無さすぎじゃね?

90 :名無しさん@1周年:2019/06/24(月) 01:13:58.94 ID:Jr+3Uuzw0.net

>>88
兵站を重要視しても送れる物資がなければ意味がない

13 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 22:43:45.82 ID:iPq/+BN+0.net

アメリカに比べて性能が悪い日本側で戦ったのか 辛そう
リロードせずに弾幕張れるのがアメリカ

8 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 22:38:46.50 ID:jH0Ubm7N0.net

日本兵の死因の大半が餓死だからなあ
本当の敵はアメリカじゃなくて日本自身だったという

56 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 00:19:47.40 ID:fXtjoBPd0.net

>>55
軽いのは一般国民だけだな

38 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 23:16:06.74 ID:+gREpKgh0.net

>>12
> >>1
> キ印が、権力を持った時に起こる悲劇。
そうだよなあ 小泉と安倍だよね
電源喪失を引き起こした直接の責任者は小泉と安倍晋三だからね
これ事実だからね

38 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 23:16:06.74 ID:+gREpKgh0.net

>>12
> >>1
> キ印が、権力を持った時に起こる悲劇。
そうだよなあ 小泉と安倍だよね
電源喪失を引き起こした直接の責任者は小泉と安倍晋三だからね
これ事実だからね

43 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 23:21:48.02 ID:Lj3gNVBP0.net

↑こいつ知識無さすぎ

58 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 00:24:56.12 ID:uIO1aV+x0.net

>>46
輸出拡大を目指すのは反原発でもない限りOKじゃねえか。
兵站しっかりさせればインパール犠牲も少なくなったの同じで。

その辺を怠り無茶な作戦や原発施策強行するのの正当化にならんよ

64 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 01:15:00.75 ID:rsnvetk/0.net

ジジイの妄想。

英軍は現地人を単純に武装させたりはしなかった。
武装した他地域の現地兵を連れてくるのだ。土地勘が無く脱走できなので命令に従う。
グルカ以外の多くのインド兵はベンガルで徴兵され、輸送機で現地入りしている。
下士官はイスラム教徒やシーク教徒で兵とは英語でしか意思疎通できなかった。

お前ら嘘を嘘とワカレよ
このジジイは同時代の戦闘の話を人づてで聞いて妄想膨らませて語っとるだけや
現地民は物資輸送にこき使われ、その際、英軍から徹底的に「日本軍は残酷、捕虜をゆでて食べる」
と脅かされていたはずやぞ。

37 :名無しさん@1周年:2019/06/22(土) 23:14:20.06 ID:hpM2Hlxk0.net

>>35
ほんと安倍自民が対応してりゃ事故も起きなかったのにね
牟田口と同じく元凶

70 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 01:46:13.61 ID:rsnvetk/0.net

>>52
2004‾2012くらいにかけて2ch軍板の名物に「アッズ太郎」「がっちりアッズ」という話題があった。

私はアッズ環礁には何の戦略的価値も無かったと信じているが
この地域の環礁に二式大艇と潜水艦で臨時基地を作り欧亜連絡を行う企画はあった。
しかし防備が思ったより厳重で不発に終わっている。
それよりはベンガル湾方面へ進出することで日本は英軍脱落という戦争の中間目的を達成できた可能性があり、
また当時から現在に至るまで識者がしてきするところなのだが、
匿名ネットにおいてですらアッズ太郎が集中的に攻撃を受け消え去ったことから未だに連合軍の工作は継続していると見る。

英軍が日本軍の進出をおそれたマダガスカルにおいては日本側がその戦略性を考察した気配すらない。
近衛平沼阿部米内近衛東条と云った知性では敵の戦略にはまるしかなかった。
近衛の共産ブレーン、平沼の欧州不見識、石川閥阿部、対ロ恐怖症の東条、米国通牒の米内
とはあまりにお粗末

84 :名無しさん@1周年:2019/06/23(日) 19:00:16.15 ID:HnjAutzy0.net

牟田口廉也、死ぬ死ぬ詐欺かよwww

インパール作戦が敗色濃厚となり部下の藤原岩市参謀に「陛下へのお詫び
に自決したい」と相談した(もとより慰留を期待しての事とされる)。これ
に対し藤原参謀は「昔から死ぬ、死ぬといった人に死んだためしがありま
せん。 司令官から私は切腹するからと相談を持ちかけられたら、幕僚と
しての責任上、 一応形式的にも止めないわけには参りません、司令官と
しての責任を、真実感じておられるなら、黙って腹を切って下さい。誰も
邪魔したり止めたり致しません。心置きなく腹を切って下さい。今回の
作戦(失敗)はそれだけの価値があります」と苦言を呈され、あてが外れ
た牟田口は悄然としたが自決することなく、余生をまっとうした。

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

この記事を読んだ方へのおすすめ

最近のコメント

コメントはまだありません
ページTOPへ↑